ビジネス関連学科の魅力

1年次に情報処理、経理基礎、ショップ販売基礎を学習し、幅広い就職先にチャレンジできます。さらに2年次からは自分の希望する業界の専門的な知識をより深く学習し、就職後の即戦力を目指します。企業ニーズの高い資格取得もでき、就職活動において有利となります。

短期間で実践的なスキルを取得できるので、既に第一線で働いている社会人たちも自分のキャリアアップやキャリアチェンジのために、専門学校に戻ることも多いです。

社会人として必要なパソコンのソフトを「使える」ではなく「使いこなす」技術を身に付けます。資格・検定も習熟度合いに合わせて、段階的に受験することができ、学んだ結果を公的な資格で残すことができます。また、授業では検定対策や実際の業務作業を中心とした内容となっているので、実務においても即戦力として実力を十分に発揮できます。

業までに、ITパスポート試験や情報処理技術者能力認定試験など20以上の資格取得が可能で、卒業生も様々な業界で活躍しています。2年間を通してトータル的なビジネス能力を得ることができ、社会に出てからもそのスキルを生かします。

卒業後の主な職業は、営業職や事務職、経理・財務担当者、秘書、税理士、公認会計士やセールスエンジニア、ヘルプデスク、また、ショップ販売・管理員、OAインストラクター等、多岐にわたり活躍できます。

専門的なビジネススキルを習得

組織や企業、いわば社会には、金銭の管理・運用を行う部門と人材が必要となります。経理・事務系の職種で活躍する人材を目指すのであれば、経理ビジネス学科で学ぶことになすます。そこでは、簿記検定や所得税法能力検定、消費税法能力検定、ファイナンシャル・プランニング技能士などといったの資格の取得を目指し、カリキュラムを受けることができます。また、デパートや専門店、小売店などで販売士として働きたい人や自営を目指したい人は、ショップマネジメント関連の学科にて学んでいきます。ここでは、一般的に販売士の資格の取得することを目指して組まれたカリキュラムにそって進めていきます。一部の例を紹介していきます。

簿記検定は、資産・負債・純資産の増減を会社の帳簿をつけていくなどで管理して、経理能力を実務や計算力から判定する検定試験です。「日本商工会議所簿記検定」をはじめ、複数の団体が実施しています。販売士検定は、1~3級の3ランクに分けられていますが、基礎として、小売・流通業の専門知識を学び、全般に役立つ確かな持つ販売員であることを認定する検定です。1級に合格をすると、経営計画を立て、総合的な管理が行えるレベルとなります。

外資系企業や貿易会社などで活躍できる人材を目指すのであれば、英語をはじめとする語学や、海外ビジネスの実務などのスキルを身につけられる国際ビジネス科がある専門学校を選択しましょう。その他にも、語学系の学校は種類の幅が広く、通訳や翻訳などの専門的な知識を身に着けられる専門学校もあります。

ビジネス関連学科で学ぶ内容

企業で必要とされる経理・簿記関係、コンピュータ操作を行なう事務など、多くのビジネスに必要なスキルを身につけられるビジネス系の学科があります。また、語学力を身につけることは、特定企業の就職の必須条件をクリアできる他、数々の職場でのスキルアップにもつながります。

ビジネス関連学科で学ぶ内容は、特定の分野に限らず、様々な職場で役に立つ知識となります。情報技術の発展によってオフィスのOA化が進む中、営業職や事務職にも必ずといっていいほどパソコンのスキルが求められるようになってきました。このようなニーズもあり、ビジネス系の学科では、パソコン&インターネット、ワープロソフトWord、表計算ソフトExcelを習得する科目が含まれています。その他、ビジネスマナー、マネジメントなどを学び、ビジネスマンとして必要なスキルを総合的に身につけていくカリキュラムとなっています。

公的資格のビジネス能力検定は、社会常識やビジネス知識、ビジネスマナーなどを1~3級の3段階で評価します。即戦力となる人材育成を目指す、総合ビジネス学科などでは、この検定合格を目標としたカリキュラムを組んでいる場合が多いようです。公的資格のビジネス実務法務検定は、ビジネス社会で必要となる法律知識をバランスよく修得していることを認定するものです。契約内容に不備や不利益がないかなど、トラブルを未然に防ぐことができる法律知識はあらゆる職種で有利になってきます。

専門学校でビジネスの専門知識を身につけるという選択肢 

高校卒業後の進路をどうしようか、そう考えているならば、ビジネスの専門知識を身につけられる専門学校を選択のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。ビジネスの現場では時代が流れると共に様々な総合力が求められるようになりました。簿記や会計の知識をはじめとして、昨今ではビジネスソフトの活用能力や貯蓄・投資などをアドバイスできる能力なども必要になります。知識にきちんと基づいた実力を備えることで、どのようなビジネスシーンにおいても幅広く活躍できる人材を目指していくことが将来としても有利になるのです。

これらのことを身に着けるには、専門学校にて、ビジネスパーソンとしての基礎となるビジネスマナー、社会人としての基本知識などといった基礎力を学ぶことです。その一環としては、基本的な挨拶や電話対応をはじめとして、接遇や立ち居振る舞いなどといった社会人の基礎であるビジネスマナーを身につけ、様々なシーンで活躍する対応力を備えます。これらは、グループワークなどの実践的な学習から、コミュニケーションスキルを磨いていくことで学んでいきます。それは、将来、実際のビジネスシーンで人々と円滑にコミュニケーションできる人へと育つことに役立ちます。

ほかにも、現場で役立つパソコン技能も学んでいきます。WordとExcelといった基礎から、Access、PowerPointなど応用までのトレーニングを重ね、オフィスワーカーとしての実力を身に着けていきます。資格なども学びながら取得していきます。