ビジネス関連学科の魅力

1年次に情報処理、経理基礎、ショップ販売基礎を学習し、幅広い就職先にチャレンジできます。さらに2年次からは自分の希望する業界の専門的な知識をより深く学習し、就職後の即戦力を目指します。企業ニーズの高い資格取得もでき、就職活動において有利となります。

短期間で実践的なスキルを取得できるので、既に第一線で働いている社会人たちも自分のキャリアアップやキャリアチェンジのために、専門学校に戻ることも多いです。

社会人として必要なパソコンのソフトを「使える」ではなく「使いこなす」技術を身に付けます。資格・検定も習熟度合いに合わせて、段階的に受験することができ、学んだ結果を公的な資格で残すことができます。また、授業では検定対策や実際の業務作業を中心とした内容となっているので、実務においても即戦力として実力を十分に発揮できます。

業までに、ITパスポート試験や情報処理技術者能力認定試験など20以上の資格取得が可能で、卒業生も様々な業界で活躍しています。2年間を通してトータル的なビジネス能力を得ることができ、社会に出てからもそのスキルを生かします。

卒業後の主な職業は、営業職や事務職、経理・財務担当者、秘書、税理士、公認会計士やセールスエンジニア、ヘルプデスク、また、ショップ販売・管理員、OAインストラクター等、多岐にわたり活躍できます。